I-HOUSE Open House

2022 / Chofu, Tokyo / House

※I-HOUSE オープンハウスは、無事開催終了いたしました。
 お越しいただき、誠にありがとうございました!


STUDIO ALUCが設計を手掛けた戸建住宅「I-HOUSE」のオープンハウスを2022年10月15日(土)・16日(日)に東京都調布市(仙川駅最寄り)にて開催いたします。
新たに住宅をご検討中の方、デザイン、建築、家具やインテリアに興味のある方、STUDIO ALUCのデザインに対する考え方をより詳しく知りたいという方。どんな方でも大歓迎です!
この機会にぜひご参加ください。


〈I-HOUSEについて〉
I-HOUSEは、都心ながら高台から視線の抜ける眺望が期待できる傾斜地に位置します。この立地を活かし、坂道から物件のファサードに至るまでの体感的・視覚的な変化、寝間と水回りを集約した1階から居間・台所のある2階にかけての立体性、窓の外の借景といった様々な景色のシークエンスを体感できる仕掛けを含めて設計されています。

30代のご夫婦と子供から成る3人家族のために作られた本物件は、土地の形に従い細長い四角形をベースとし、一見「黒い箱」として見受けられます。しかし、敷地や周辺立地等の状況を構造や内装に取り込む設計プロセス、暮らしの機能・意匠・しつらえの徹底した取捨選択、コスト抑制など様々な工夫が連動しています。

日中は自然光のみで過ごせるよう計画された窓の配置、全体を通して空間のつながりが感じられる色や素材のコントラストにより、ミニマルでいて適度に視覚的な変化や奥行きが感じられるバランスが成立しています。また用途が住み手に委ねられた階段横のステージや、設計段階から特注製作を見込んでいた家具は暮らしの可能性を広げる役割を担っています。これらにより、小面積内で自然なおおらかさが感じられる内部空間が実現しました。


〈建築概要〉
計画種別:新築
用途:住宅
計画期間:2021年8月~2022年9月
構造:木造
規模:地上2階
建築面積:37.53㎡(11.35坪)
延床面積:75.06㎡(22.70坪)
敷地面積:94.64㎡(28.62坪)
計画地:東京都調布市
設計:STUDIO ALUC 亀田 潤・佐々木 洸奈
設計協力・施工:ハウスノーヴァ
照明計画:モデュレックス
家具製作:清水工芸・パシフィックテキスタイル

オープンハウスへご参加は、事前予約フォームよりお申込みの上ご来場ください。

I-HOUSE Open House

Year: 2022 / Location: Chofu, Tokyo / Category: House / *: オープンハウス事前予約はこちらから

PROJECTS